PC本体

ご無沙汰しています:WindowsとMacのどちらを選ぶか

ご無沙汰しております

半年ぶりの更新です。
カードの使いすぎで一定金額以上の購入が相方さんによる承認制になってしまい、ガジェット類の購入頻度が大幅に下がりまして、ブログのアイデアが枯渇しておりました。
何も買ってないのに、このブログ、どうしよう?!みたいな感じでした。
でも、ガジェットは好きですし、使いこなしや愚痴などもあるので、細々と続けられたらなぁと思っております。

 

両刀使い(意味深)

私のガジェット使いの特徴としまして、ガチで複数OSを使うことが挙げられます。
スマホの機種変更って本当に面倒だと思うのですが、何故か年に数回、しかもiPhoneとAndroidの間での機種変更をします。
しかも、複数台使いというのでなく、ガチでメインスマホを変更しています。
ガチで使ってみた感想というか愚痴も書いていきたいかと。

 

WindowsとMac

今回はリハビリ記事としまして、WindowsとMacについて書いていきたいと思います。
WindowsとMacについては、Apple信者ということもないし、VAIOには絶望しているので、フラットな視点で書ければと思います。

PC選び、OS選びですが、以下のように考えてます。

使いやすさのMax
可能性のWindows

という印象が私の中にあります。
Windowsならできないことはないですけど、Macの方がカッコいいから、
使用用途を聞いて、問題なければMacかなぁと。

Macを選ぶ理由として
・カッコいい
・iPhone持ってるなら色々連携できる
・AirPodsProとかも連携できて便利
・誤操作で致命的なことになることが少ない
・Appleのサポートが強力

Windowsを選ぶ理由としては
・機種が豊富
・PC系ゲームに強い
・周辺機器が豊富
・自由度が高い
・デスクトップは自作できる

というのが挙げられるかと思います。
逆に

Macの欠点
・Steamなどのゲームは動かないものが多い
・Appleの制約がキツい
・一般事務や金融系のお仕事では使えないことが多い

Windowsの欠点
・CPU内蔵GPUが弱いので、ガチでGPU使うとなると本体価格が高くなる
・高性能なものは無茶苦茶電気を使う
・Androidとの連携機能が現状は未成熟

などが挙げられると思います。

で、とりあえずPC買いたい!という方に何を勧めるか、ですが。
特に何も考えなければ、そしてiPhoneを使っているのであればMacを勧めます。
なんとなく使えてしまうからです。
カッコいいですしね。

ただ、事務系・金融系のお仕事で使う可能性が僅かにでもあるなら、Macは絶対にダメです。
今のところ、エクセルのマクロが動かない・業務用の銀行のサイトがEdgeのIEモードでしか動かないなどという可能性があるためです。
こういうものを使う可能性がなければ、Macを勧めるかなぁと思います。

あと、ゲームをしたいのであればWindows一択です。
Macでしか動かないゲームというのは少なく、メインプラットフォームであるSteamはWindowsのみに対応したゲームが多いです。

PCの可能性を追求する場合はWindowsの方がいい感じがします。
なので、可能性の塊である若い方、学生さんはできればWindowsを使ってもらいたい、という個人的願望。
ゴリゴリのプログラマになる!とかであればMacで良いですが。

ご自身がMacを使っていて、ご両親にPCを買ってあげたい!などという場合はMacの方がいいと思います。
年配の方の脱落率が低いのはWindowsよりMac、という印象があります。

今回はもう、記事が長いのでこのあたりにしますが、各項目について、後々掘り下げていけたらな、と思います。
ここまでお読みいただいてありがとうございました!